葬儀の後のことも相談できますか?

感謝について

葬儀社はどんなことをしてくれますか?
葬儀に関するすべてをお手伝いいたします。ご遺体の搬送・処置、打ち合わせ、式場・火葬場の手配、火葬許可証の取得、祭壇など会場の設営、料理・返礼品の準備、当日のご案内など、葬儀に関するすべてを行います。納得のいく葬儀のために、お客さまと葬儀社とのコミュニケーションが大切になりますので、どんな小さなことでもご相談ください。
よくあるご質問一覧へ戻る
深夜でも対応してくれますか?
24時間365日、昼夜問わず迅速にお客さまの元へ駆けつけます。ご遺体の搬送を含め、最初から葬儀に関するすべてに対応いたします。またご相談も24時間365日受け付けております。
よくあるご質問一覧へ戻る
感謝の対応地域は、どこになりますか?
感謝は、大阪・奈良・兵庫・和歌山など関西一円に対応しております。他の地域では提携企業と連携して対応できる場合もございますので、詳しくはお問合せください。
よくあるご質問一覧へ戻る
葬儀の返礼品が余ったら、引き取ってくれますか?
ご利用になった分の実数精算をいたします。当日ある程度多めに用意しておき、ご利用分だけを後でご精算する方法をとっておりますのでご安心ください。
よくあるご質問一覧へ戻る
喪服は、レンタルできますか?
葬儀の打ち合わせの際に、担当者にお問合せください。 急な場合ですと地域により間に合わないこともありますので、なるべく早めにご連絡をお願いします。
よくあるご質問一覧へ戻る

手続きについて

役所への手続きはどうすればよいですか?
役所へ死亡届を提出し、火葬許可証を取得する必要がありますが、ご依頼いただければ感謝が手続きを代行します。火葬許可証は火葬が済んだ後、火葬済みの証印が押されて返却され、墓地に納骨する際に必要な書類になります。
よくあるご質問一覧へ戻る
亡くなったら、すぐに用意しなければならないものは何ですか?
慌てる必要はありませんが取り急ぎ必要になるものとして、遺影として使用するお写真、印鑑をご用意ください。お写真はピントが合っており表情がよいものを選んでください。印鑑は認印程度で結構です。また当日ご入り用のときのために多少の現金をご用意いただいておいた方がよろしいかと思います。
よくあるご質問一覧へ戻る
葬儀の後のことも相談できますか?
葬儀が終わった後の遺産、遺品の整理や名義変更など、さまざまな手続きが必要になります。墓地やお仏壇についてなど、不安に感じることが多々あると思います。感謝では葬儀の後のことを、しっかり相談できますのでお気軽にお問い合わせください。
よくあるご質問一覧へ戻る

葬儀について

亡くなった後、まずは何をすべきですか?
病院で亡くなった場合、お帰り先を決めなければなりません。自宅・式場・専用の安置施設などが主なお帰り先となりますが、全体の流れを通して考える必要がありますので、葬儀社のアドバイスを受けながら決めるのが良いでしょう。このとき、一緒に付き添いたいなどの要望があれば、感謝のスタッフに遠慮なくお伝えください。 この他にもさまざまなケースがありますが、初期の対応はご遺体のことも含めとても重要になりますので、24時間365日いつでもお電話ください。
よくあるご質問一覧へ戻る
遺体の安置はどうすればすればよいですか?
支障なければ一度ご自宅に帰し、布団にお寝かせするのが一般的です。病院からの搬送車の手配やご自宅までのご安置をお手伝いいたします。病院で搬送車を手配いただける場合もありますが、その後の段取りのこともありますので、まずはご連絡いただければと思います。 また、住宅事情などで自宅に安置するのが難しい時も、ご相談いただければ感謝のホールや安置施設などをご提案いたします。
よくあるご質問一覧へ戻る
親族や関係者への連絡は、いつしたらよいですか?
危篤時は、本当に近しい方や必要な方へのみに連絡をしてください。それ以外の方へは葬儀社との打ち合わせが済み、式場や日程が確定してから訃報の連絡をします。日程などが未定の段階でお知らせをするのは、混乱を招きますので避けなければなりません。 お知らせをする際にも、故人の交友関係に漏れがないか注意し、お知らせ先が多い場合には学校、会社、町内会、趣味の会などのグループに分け、各責任者に連絡を回してもらう方式をとるとスムーズに進みます。
よくあるご質問一覧へ戻る
お寺など宗教者への連絡はどうすればいいですか?
決まったお寺がある場合には連絡して葬儀日程の調整を行わなければなりません。遠方の場合でも後々まで考慮し、必ず連絡を入れておかないとトラブルの元ですし、近くの同じ宗旨の方をご紹介してくださるなどの指示をいただけることがあります。 決まったお寺などがない場合に、ご希望に応じて寺院などをご紹介いたします。
よくあるご質問一覧へ戻る
喪主は誰が行えばよいのでしょうか?
喪主はご遺族で協議して決定します。一般的には故人の配偶者、長男、長女という順番で近い方が務めます。配偶者や子供がないときは親兄弟が務め、高齢などの場合には随所で代役の方にサポートいただきます。
よくあるご質問一覧へ戻る

費用について

葬儀費用の注意点は、どんなところですか?
きちんとご相談いただき、ある程度の予算や希望を伝え、理解と納得を得ながら進めていくことが大切です。 葬儀に必要な費用は、葬儀社のみならず式場・火葬場・車輌・料理・返礼品・お布施など、多岐に渡りますが、お見積りの段階でお客さまのご要望を踏まえてご提案をいたしますので、後で不要な請求をしたりすることはありません。予算が心配なときは率直にご相談ください。抑えた形でしっかりとご提案いたします。
よくあるご質問一覧へ戻る
会葬御礼と香典返しは違うのですか?
会葬御礼は、香典の有無にかかわらず通夜や告別式に訪れた方へのお礼の気持ちとして、お足代程度の品をお礼状と合わせてお渡しするものです。 香典返しは、お香典をいただいた方にお礼として渡す返礼品を指します。葬儀の当日に渡す「即日返し」と忌明け(49日)に郵送する「忌明け返し」の2通りがあります。 最近では、忌明けの煩雑や渡し損じを防ぐ意味で、葬儀の当日に香典の額に関わらず3000円前後の品物をお返しする「即日返し」が全国的に増えています。
よくあるご質問一覧へ戻る

ご葬儀の相談・資料請求・お見積もりは 0120-018-039(いっぱいありがとう) 24時間360日 携帯からもつながります

株式会社感謝 〒559-0017 大阪市住之江区中加賀屋1-2-7